店主の自己紹介

セラピスト:エイコ

初めまして。
店主兼セラピストの、エイコです。
趣味は、本屋とカフェ巡りです。
こっそりとタロット占いもしています。

サロンコンセプト
『あなたを明るくハッピーに!!
人生に笑顔と幸せという彩りを添える、
愛のあるサロン』



『セラピストになったきっかけ』
■生まれて初めてマッサージをしてもらったのは母からでした。
小学校の頃から肩こりがひどかった私は、
母からよくマッサージをしてもらっていました。
ものすごく優しく温かく安心できる『母の愛』そのものに包まれているようで
幸せでした。
家庭と学生生活はボロボロだったのですが(笑)

■家族から「肩揉んで~」「足踏んで~」と頼まれると。
私は喜んで(お小遣いを貰えるからではなく:笑)
本当に楽しくって、精一杯頑張っていました。
私は両親が年を重ねてからの子ということもあり、姉ともだいぶ年が離れていて、
そんな家族の中で
1人だけ小さな私にも役割があること。
沢山褒めてもらえること。
マッサージをする事で家族皆が笑顔になってくれる事。
それは子供の頃の私にとって、
とても充実感のある嬉しい事でした。
そういう環境で私は物心ついた頃から遊びの延長のように、
整体師の母からマッサージを教わって育ちました。

■セラピストになったきっかけ。
大人になった私は軽く2年間程ひきこもり、
社会復帰した頃には、やりたい事もなく、
人生に迷いきっていました。
人の勧めで色々と仕事もしましたが長く続かず、
近所にある会社に就職しました。
そこでは愚痴や不平不満を言いながら働いている人も多く、
私もその中の一人でした。
…心の中ではいつも、何かが違う。
本当に一生このままで良いのか?
(愚痴を言い続けながら私は死ぬのか?何だか得体の知れない、ぬるま湯に浸かっているような気がする。
私には向いている仕事が、他にあるんじゃないか。いつかは雇われではなく自分の店を持ちたい。でも、その職業が何なのか分からない)と、
ずっと違和感を抱えて働いていました。
ある日「肩がツライ」という先輩に、軽い気持ちでマッサージをしました。
すると先輩が、めちゃくちゃ喜んでくれて、
私も嬉しくなりウキウキと自分自身の心が喜んでいるのを感じました。
それからは、ほぼ日課になりました(笑)

■母が教えてくれた愛のあるマッサージ。
それは、
人と人との心の扉を開かせるコミュニケーションでもあったのだと感じています。
私は先輩に、これからの仕事の事など悩みを聞いてもらいました。
すると先輩から
「リラクゼ―ションという仕事があるよやってみたら?」と教えて頂きました。
私の心が
「これだー!」と叫びました。
( ゚-゚)( ゚ロ゚)(( ロ゚)゚((( ロ)~゚ ゚(目玉ポーン!)

「セラピストになろう!!」と決めた途端。
いてもたってもいられなくなりました。
でも、今まで続けてきた事を辞めるのは不安で、
サイトの有料メールタロット鑑定で占ってもらいました。←小心者。
結果は「セラピストは合っているから会社を辞めて進みなさい」という、
GOサイン!
きっとNOでも進んでいたとは思いますが、背中を押されました。
「よし!辞めよう!セラピストになって自分の店を持とう」と決意して、
10年勤めた会社を辞め、心の底から本当にやりたかった事。
リラクゼーションを仕事として、セラピストの道を歩むことになったのです。

■自分の想い(夢)が叶うまでは…苦労の連続でした(汗)
大手リラクゼーションサロンで働いていた時は、
強く押すことばかりを指導され、
もっと強く、もっと強く、と言われ続ける日々でした。
私より後から入った人は、どんどんとデビューしていき、
心の焦りと指の痛みに耐えていました。
でも、どうやっても強く押すことが出来ません。
(やっぱり私には向いていないのかな?…もう諦めよう)と、
真剣に思いました。
毎日、仕事を辞めることばかりを考えて、指と心を痛め、
笑顔も無く、
顔を伏せながら歩いていました。
「嫌なら戻ってきたら良いやん」と前の会社で言われたのを思い出し
「辞めようかな」と前の会社の先輩に弱音を吐くと
「帰ってこない方が良い。ここはあなたのいる場所じゃない」と言われて、ショックでした。
もう帰る場所が無いんだ。
でも、リラクゼーション以外に他にやりたい職業もない。
1人暮らしで家にも引きこもれない。
もう少しだけ頑張ってみようか。と少し続ける事にしました。

■衝撃しかない出会い!!
ある日、たまたま梅田の大手リラクゼーションサロンで、
お仕事をする機会がありました。
そこでサロンの代表に最初に言われたこと、それは…
「貴方には才能がある!」
リラクゼーション業界に飛び込んで早2年、すっかり自信を失っていた私は、正直…
「えぇ~?!何を言ってるのこの人。嘘くさい、才能があったら、もっと早くに開花してるやろ!!」と、本気でそう思っていたし、自暴自棄にもなっていました。
「ふ~ん、だから?」それが私の素直な感想でした。
しかし代表は、なぜ私に才能があるのかを延々と語り始めました。
男並みの大きな手のひらで、指が太い、おまけに手の体温が高い、というのがコンプレックスだった私に対して、
「その大きく柔らかい手がお客様を安心させる。その手の温かさがお客様を癒す」と、とにかく褒めまくり。
始めは嫌で信用していなかった私も、
お客様に褒められ喜ばれると、だんだんその気になり、ますます技術研修にも熱が入りました。

■技術研修は、とっても厳しい、スパルタな代表のムチと優しい先輩のアメで技術を教わりました。
少し…ムチの方が多かったような気もしますが(笑)
技術研修は厳しい中にも愛のある指導で、
人にはそれぞれ、自分に合った力の出し方があり、サロンのマニュアルには載っていない、私にピッタリの力の出し方を伝授して頂きました。
出会いから一か月後。
指名が入った時は、めっちゃ嬉しかったです!
そこでやっと、
私は少しずつ自分がこの仕事を続けていくうえでの“自信”を取り戻すことが出来たのです。

■自分の強み発見!?
梅田でサロン勤務をしていると、
私を指名して下さるお客様は、
自営業や仕事をバリバリ頑張っている女性が多く、
ボディーケア(整体)ではなく
長時間のアロマトリートメントを受けて下さる事に気が付きました。

私は、大切なお客様の体も心も、ゆっくりと癒すのが得意です!(自画自賛)
ちなみに当店の1番のオススメコースは、2時間コースです←宣伝(笑)

■接客へのこだわりと成長。
そのサロンでは、
笑顔で挨拶をかわす事、
感謝の言葉を必ず添える事、
人に優しくすること。
とにかく昼夜問わず(たまに終電を逃しながら:汗)
徹底して仕込まれました。
「笑顔で働いているからこそ、お客様にも笑顔が伝わる。そしてお客様のその先の世界にも笑顔が広がっていくんだ!」と、とにかく熱い代表から
挨拶の仕方から接客の仕方、身体の使い方まで真剣に教えて頂き、
私自身が今までで一番成長しました。
そして、私も忘れかけていた
「サロンを作りたい!」という夢が再燃しました。

■自分の店を持とう!
祖母や母が商売をしていた事もあり、
幼少期から家庭的なままごと遊びよりも
『お店ごっこ』が大好きな子供でした。
引きこもりから社会復帰をしてからも、頭の片隅では
『自分の店を持ちたい!』
『自分に合った仕事をしたい』と考えていて、
その想いは
日に日に強くなっていきました。
サロンに勤めてからも、その想いは変わらずにあり続け。
(一時期、見失いましたが:笑)
お客様から
「自分でサロンをしたら良いやん。私行くで(笑)」
と言われた何気ない一言に
「サロンをやるぞ!」と、心が突き動かされました。


お客様に、ゆっくり過ごしてもらう
プライベートサロンを作っちゃおう!と思って
2014年11月11日に自分のサロンをオープンしました。
『あなたを明るくハッピーに!!
人生に笑顔と幸せという彩りを添える、
愛のあるサロン』
を目指しております。

自己紹介が長文になってしまった!
ここまで読んで下さった方、ありがとうございました。

注意事項&キャンセルについて

『ご注意』
当店は健康増進を目的とするリラクゼーションサロンです。
医療行為は致しておりませんので、あらかじめ御了承ください。
下記の症状のある方は施術をお断りすることがございます。
当てはまる方は必ず事前にお申し出ください。

●多量に飲酒をされている方
●急性疾患の方
●発熱がある方
●ケガ・傷がある方
●心臓・脳・血管に重度の疾患・既往歴のある方
●お身体に金属やペースメーカー等が入っている方
●重度の糖尿病やガン、重い内臓疾患がある方
●骨粗しょう症の方
●伝染病・感染症を患っている方
●痛風・リウマチの方
●医師の診断を受けて いる方 ・ 妊娠中の方

サービス終了後から店外にて発症し、医師による因果関係が証明不可能な傷病につきましては、当店では責任を負いかねます。
投薬中・通院中の方は、医師の許可を必ず得てからご連絡下さい。
その他ご不明な点はお気軽にお問い合わせ下さい。



『遅刻・キャンセルについて』
・お忙しい中、お時間を作ってご予約頂いていることと思います。
ご予約の時間に遅れそうな時は、ご連絡下さい。
当サロンでは、ご予約をお受けする際に出来るだけ余裕を持っていますので、ある程度の変更には対応できるように心掛けております。

★ご連絡なく30分遅刻されますと自動的にキャンセルとなります。
その場合、次回以降のご予約をお断りする場合があります。
★ご連絡を頂いても、場合によってはトリートメント時間の短縮や短い時間のメニューへの変更をお願いする事がございます。ご了承下さいませ。
★キャンセル・変更は出来るだけ前日までにご連絡下さい。

ご協力よろしくお願いいたします。

powered by crayon(クレヨン)